So-net無料ブログ作成
検索選択

太田 諭の韓国語学習法【レバレッジスピーキング・メソッド】しくみを理解すれば1つの単語で40~100以上の表現ができる韓国語習得法 [太田 諭の韓国語学習法【レバレッジスピーキング・]

このページは、太田 諭さんの最新・韓国語学習法「レバレッジスピーキング・メソッド」「change ~韓国語が「できない、話せない、覚えられない」が「できる、話せる、覚えられる」に変わるカギ~」の口コミや詳細などを紹介しています。


「韓国ドラマを聞き取れるようになりたい」とか、「韓国語で会話ができるようになりたい」と思って、いざ韓国語の勉強を始めてみても、ハングルは読めないし全然頭に入らないとか、暗記力が悪いので、覚えても覚えてもすぐに忘れてしまうとか、

なんとか、ハングルが読めるようになったとしても、発音が汚くて何言っているのかわからなかったり、まったく韓国語が聞き取れなかったりと、

覚えづらいハングル文字や、難しい発音、複雑に見える文法に、何百、何千もの単語があって、「壁」を感じているのではないでしょうか?


そんな方の力になりたいとの思いから、韓国語指導者の太田 諭さんが「レバレッジスピーキング・メソッド」という、まったく新しい韓国語の学習法を考案しました。

太田さんは、韓国語学習に関わってもう6年になりますが、その経験の中から、日本人にとって何がわかりにくく、何を学べば、韓国語を話せるようになるのかが、わかってきたのだそうですが、

韓国語のしくみを理解し会話に生かす力を応用するという、今までにはなかった韓国語の学習方法です。


日本語と韓国語では、共通点もあるし相違点もあるのですが、同じようなところは勉強しなくても違う部分はしっかり勉強して理解するという方法で、発音変化と活用を理解するだけでOKという方法で、

1日たった15分の学習で、20個の単語を覚え、その中の1つの単語につき100個の表現が可能ですので、20×100=2000個の表現を身につけることができるので、覚える単語も少なくて済むということから、

「レバレッジスピーキング・メソッド」というようですが、これなら韓国語のしくみを理解することに集中できます。

この、しくみを理解してしまえば、単語を調べれば、自分の言いたいことのほとんどを表現できて、応用することで、1つの単語を覚えれば100以上の表現ができるのです。

太田 諭さんの最新・韓国語学習法「レバレッジスピーキング・メソッド」は、19,800円で提供されていて、韓国語のしくみを理解し、会話に生かす力を身につければ、通訳レベルとなると話は別ですが、一気に韓国語が上達し自由に韓国語を話せるようになります↓↓↓


change ~韓国語が「できない、話せない、覚えられない」が「できる、話せる、覚えられる」に変わるカギ~




共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。